施設サービス・地域密着型サービスの介護給付の種類とサービス概要について

 介護事務は、介護報酬請求業務を行う上で、施設サービスの介護給付にはどんな種類があるのか、サービス内容は、などについて基本的知識は理解しておく必要があります。

実際の介護施設では、まず介護事務員がケアマネジャーより施設サービス提供票をもらい、それに基づいてサービス提供の実施状況をチェックし介護給付費明細書を作成してことになるので、以下に説明するサービスの種類や内容についてはしっかり覚えておきましょう。

介護保険制度の施設サービスの種類と概要

介護給付の対象となっている施設サービスには次のようなものがあります。

種類

内容

介護老人福祉施設

 特別養護老人ホームは老人福祉法で規定され設置されている施設ですが、介護保険法上で定められている介護老人福祉施設に指定されることにより介護事業として施設運営を行っています。

施設として2つの呼び名があるように思っている方も多くますが、このような法律上の関係性があります。

また、介護老人福祉施設は利用者が長期間入所して生活する施設で、介護を中心としたサービスをうけることができます。

サービス内容は、日常生活の手助け、食事・排泄・入浴などの介護、身体の機能訓練、健康管理などが行われている介護施設です。

介護老人保健施設

 介護老人保健施設は、介護保険法に従い設立運営許可を受けることで介護事業を行うことができます。

介護老人福祉施設は介護中心のサービス提供を行いますが、介護老人保健施設では、医学的な観点での管理体制に基づいて看護や介護、医療措置、身体の機能訓練などを行う入所施設です。

特にこの施設は、心身の機能低下を防ぎ維持していくためのリハビリテーションに主眼を置いているという点に特徴があります。

介護保険制度の地域密着型サービスの種類と概要

地域密着型サービスには次のようなものがあります。

種類

内容

地域密着型特定施設入居者生活介護 特定施設入居者生活介護の事業を行っている業者の中で、29人以下の受け入れ定員数の施設を指します。
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護 介護老人福祉施設の事業を行っている業者の中で、29人以下の受け入れ定員数の施設を指します。
認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者グループホーム)  

 認知症高齢者グループホームは、住宅地で開設することが原則となっており、地域住民と交流を図ることを目的とし認知症高齢者が必要な介護サービスを受けれる施設です。

認知症高齢者と介護職員が家族のような雰囲気の中で共同で日常生活をおくり、5〜9人以下を定員1単位とし2単位まで設置できます。

特別養護老人ホームのように、あらかじめきっちりと日々のスケジュールは決まっておらず、入居者と相談しながら食事メニューやレクレーションなども決めていくなど自由度が大きいのがこの施設の特徴です。

認知症対応型通所介護

 認知症対応型通所介護は、通所介護のサービスですが認知症高齢者がサービスの利用対象者になります。

認知症対応型通所介護は、日々の利用定員数を最小限に限定し、認知症高齢者の認知症状の程度や特性にきめ細かく対応できるように配慮されたサービスです。

小規模多機能型居宅介護

 小規模多機能型居宅介護は、25人以内に利用人数を限定し,利用者の状況に合わせて訪問・通所・短期入所の3通りのサービスを組み合わせて,在宅で日常生活を送れるように援助を行うサービスです。

このサービスは、地域の近隣住民と交流したり、家庭的な生活環境や雰囲気に包まれて生活できるのが特徴です。

複合型サービス

 複合型サービスは、小規模多機能型居宅介護にプラスして訪問看護も提供できるようなサービス形態になっています。

よって、介護だけでなく看護などのサービスも利用者に対して提供できるので、医療的な観点からもある程度は対処できるようになっています。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

 定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、訪問サービスになりますが、次のような点が大きな特徴になります。

  1. 24時間対応でのサービス提供。
  2. 看護と介護、両面からのサービス提供。
  3. 定期的な訪問サービス提供。
  4. 利用者からの連絡による不定期な随時訪問サービス提供。
夜間対応型訪問介護

 夜間対応型訪問介護は、訪問介護を夜間の時間帯に提供しているサービスです。

このサービスを利用する場合は、22時から6時の時間帯をサービス利用時間に含めることが利用条件になっており、この時間帯を含んでいれば、夜間時間帯以外の日中の時間帯でもサービス利用が可能です。

●どの講座が良いか迷っている方へ

介護事務講座は、まず比較検討してから決定するようにしましょう!

資料請求するメリットとしては、ホームページではわからない詳細ポイントや特典が必ずチェックできますので講座内容を必ず比較してから申し込むようにしましょう!

次の有名資格案内サイトから
介護事務の講座・スクールを一覧比較し、講座案内資料を無料一括請求して詳細内容を検討できます。

全国の介護事務講座【通信・通学】を一覧比較。無料で一括資料請求!

関連ページ

保険制度の概要・保険者と被保険者|介護保険制度
介護保険制度の全体の概要と保険者・被保険者について解説しています。
保険給付の対象・要介護区分|介護保険制度
介護保険制度における保険給付の対象、要介護・要支援区分について解説しています。
要介護認定から保険給付までの流れ|介護保険制度
介護保険制度における要介護認定から保険給付までの流れについて解説しています。
保険給付の種類・内容|介護保険制度
介護保険制度における保険給付の種類・内容について解説しています。
居宅サービス・福祉用具貸与の介護給付の種類と内容|介護保険制度
介護保険制度に基づく居宅サービスや福祉用具貸与の介護給付の種類と内容について紹介しています。
地域包括支援センターの役割|介護保険制度
地域包括支援センターの目的、役割、事業内容などについて解説しています。
行政としての役割|介護保険制度
介護保険制度において、国・都道府県・市町村が果たすべき行政上の役割について解説しています。
審査支払機関の役割|介護保険制度
介護保険制度における審査支払機関の役割と業務内容について解説しています。
保険料の財源と負担割合|介護保険制度
介護保険制度における介護保険料の財源の種類と税金や保険料の負担割合について解説しています。
介護支援専門員の役割|介護保険制度
介護事務は、介護給付費明細書や請求書の作成において介護支援専門員(ケアマネジャー)とは、仕事上でのやり取りも行いながら業務を行うことになりますので、ケアマネジャーの役割についても理解が必要です。
介護保険制度の目的と担う役割
介護保険制度が担う役割と制度の特徴について解説しています。
要支援と要介護の状態区分の定義・支給限度額について
予防給付(要支援)と介護給付(要介護)の状態区分の定義と支給限度額について解説しています。

ページトップへ戻る