介護保険制度の目的と介護給付・予防給付のサービス内容について

 戦後の日本では3世代共に暮らす家庭も多く、現在の急激な少子高齢化を誰が予想していたでしょうか!

時代が進むにつれて核家族化が進み日本社会では介護が社会問題になるという姿が見えはじめ、社会全体で高齢者介護を支えていくことを目的に介護保険が制度化されました。

その後、国民の支持を受けて年々介護保険の利用者が増えていきましたが、医療・介護における費用が急激に増加し続け、国の財政を圧迫するという残念な結果になりました。

このような時代背景が要因となり、2006年から介護保険制度は大幅に改正が行われ、2009年までにも介護報酬改定が3回実施されました。

現在、一定以上の所得がある高齢者の費用負担率は1割から2割に引き上げられ、介護報酬算定も頻繁に改訂されています。

 ここでは、高齢者介護が社会問化し介護保険制度が誕生した時代背景と介護保険が社会で果たす役割やサービス内容について見ていきましょう。

介護社会における介護保険の役割記事一覧

少子高齢化と核家族化が介護問題に

少子超高齢化社会に突入した日本高齢化の現状 第2次世界大戦が終わった1947当時の日本人男女の平均寿命は、男50歳、女性54歳でしたが、厚生労働省がまとめた統計を見ると、2008年当時の日本人男女の平均寿命は、男79歳、女86歳で、2015年になると男81歳、女87歳となっており、約70年経過した時...

≫続きを読む

介護保険制の理念と目指すもの

介護保険制度の制定前は様々な課題があった 介護保険制度が施行される前の高齢者に対する福祉制度や医療制度は全く別の制度として運用されていました。その結果、介護を受ける内容が似かよっていても、加入している制度が異なれば、それぞれのサービスを利用する必要があり、利用手続きや費用負担に関しても不公平な状況が...

≫続きを読む

地域包括ケアは介護保険制度改革の重要施策

介護保険制度の運用後に顕在化してきた課題・問題 2000年4月より介護保険制度が施行されましたが、介護を必要とする高齢者や障害者などが自由にサービスを選択し、所得格差に関係なく公平な費用負担で多くの国民が利用できるようになり、老後の安心を担保できる制度として浸透していきました。しかし、介護保険が世間...

≫続きを読む

介護保険で受けられる居宅・施設・地域密着サービス

介護保険で提供されているサービスの種類 要介護者の認定を受けた高齢者が介護保険で利用できるサービスには、自宅に居ながら利用できる居宅サービスと地域密着型サービス、介護施設に入居して利用できる施設サービスの3つが用意されています。要支援者が利用できるサービスには、介護予防サービスと介護予防地域密着型サ...

≫続きを読む

介護保険で受けられる介護予防サービス

予防重視の仕組みへ転換した介護保険制度 予防給付で提供される介護予防サービスは、要支援者が対象で、現状から状態が悪化し介護が必要にならないようにするためのものです。また、現状では介護の必要がない高齢者でも介護予防サービスは利用できるものもあります。介護保険制度がスタートした当初は、要介護認定された高...

≫続きを読む

●どの講座が良いか迷っている方へ

介護事務講座は、まず比較検討してから決定するようにしましょう!

資料請求するメリットとしては、ホームページではわからない詳細ポイントや特典が必ずチェックできますので講座内容を必ず比較してから申し込むようにしましょう!

次の有名資格案内サイトから
介護事務の講座・スクールを一覧比較し、講座案内資料を無料一括請求して詳細内容を検討できます。

全国の介護事務講座【通信・通学】を一覧比較。無料で一括資料請求!


ページトップへ戻る