介護保険制度の財政負担割合、運用の仕組み、保険料の決定・徴収方法、受給資格手続きなどについて

 介護保険制度がどのような仕組みで事業運用されているのか、給付費用はどのように賄われているのか、保険料はどのように決定し徴収されているのか、受給資格の取得・喪失、どのような場合に給付制限がかかるのかなどについて解説しています。

介護保険の運用の仕組み記事一覧

介護保険の制度概要と運営のしくみ

介護保険制度の概要と基本用語介護保険制度の仕組み 保険者、被保険者、介護サービス事業者は、次のような関係で成り立っており、介護給付事業が運営維持されています。介護保険の基本用語保険者 特別区も含めた市町村のことで、介護保険法に従い被保険者から保険料を徴収し、介護保険サービス事業を維持・運営している主...

≫続きを読む

介護保険制度における保険者が担う仕事内容

 介護保険制度を安定的に維持運営していくには、保険者である市町村だけではなく、国、都道府県、医療及び年金の保険者である各団体が役割分担して、市町村を支援していけるような枠組みが設定されています。介護事務スタッフは、次に紹介するそれぞれの基本的役割もしっかりと理解しておきましょう。介護保険の運用主体は...

≫続きを読む

介護保険事業における国と地方自治体との役割分担

介護保険制度の運用基準は国が決定する 介護保険制度全般の運用については国が規定や基準を決定し、円滑に介護サービスを提供できるよう仕組みを整備し、サービス内容を充実させることを目的として「基本指針」を策定します。この指針に基づいて市町村と都道府県では、それぞれ介護事業計画の策定を行う必要があります。 ...

≫続きを読む

介護保険の財源負担割合

介護保険制度の運営費は公費と保険料とで折半し賄われている 介護保険の財源として賄われているお金の使い道は次の3点が主です。介護保険からの給付費。市町村個別の福祉事業費。介護保険の事業運営に要する事務経費。介護保険制度を円滑に運営維持するためには、莫大な財源が必要になりますが、介護保険法では国、地方公...

≫続きを読む

被保険者の介護保険料の負担割合

介護保険給付費用の半分は被保険者が負担 介護保険サービス利用料にあたる財源の50%は介護保険加入者が負担しています。介護保険は、40歳以上になると強制加入となり、自分の意思に関係なく被保険者となることが法律規定されていて、保険料についても納付することが義務付けられています。2000年の介護保険の制定...

≫続きを読む

65歳未満・65歳以上の介護保険料の決定方法

65歳以上(第1号被保険者)の介護保険料の決め方介護保険料率は市町村が条例で規定する 65歳以上の高齢者の介護保険料率については、まず国が政令で基準を設定した後で、市町村は、それに基づいて3年毎に条例で設定します。市町村が保険料率を条例として規定するには、まず次の2点を勘案して3年間の総支出見積り費...

≫続きを読む

65歳以上の介護保険料の徴収方法

第1号被保険者の介護保険料の地域格差 第1号被保険者(65歳以上の高齢者)の介護保険料は、住民票登録している地域を管轄する市町村の地域における高齢化率、収入格差、提供サービスの標準レベルにより、金額には大きな開きがあります。介護保険料は市町村ごとに開きがある 65歳以上の被保険者が納付する介護保険料...

≫続きを読む

自営業者の介護保険料の徴収方法

国民健康保険加入の40歳から64歳までの介護保険徴収方法 日本に居住権がある40歳から64歳の自営業者・個人事業主・離職中の方は、医療保険では国民健康保険へ強制加入となり被保険者となることが法的に義務付けられています。介護保険法上は第2号被保険者に該当するため、当然介護保険料を納める義務が生じます。...

≫続きを読む

介護保険受給資格の取得と喪失・給付制限

介護保険法における被保険者資格の取得・失効について 介護保険の加入者(被保険者資格取得)・未加入者(被保険者資格失効)となる時期は以下のように法的に定められています。介護保険の被保険者として資格取得となる場合 被保険者は、下記事項に該当する場合、介護保険被保険者の資格取得者となります。住所登録してい...

≫続きを読む

介護保険の適用除外と減免対象

障害者施設入居者と生活保護受給者の介護保険の扱い介護保険の適用除外となる障害者施設入居者 40歳以上で各都道府県の市区町村に住民票登録されているという条件を満たしている人は、介護保険の加入者(被保険者)として扱われます。但し、障害者支援施設入居者の場合は、一定期間、介護保険が適用されず加入者として扱...

≫続きを読む

●どの講座が良いか迷っている方へ

介護事務講座は、まず比較検討してから決定するようにしましょう!

資料請求するメリットとしては、ホームページではわからない詳細ポイントや特典が必ずチェックできますので講座内容を必ず比較してから申し込むようにしましょう!

次の有名資格案内サイトから
介護事務の講座・スクールを一覧比較し、講座案内資料を無料一括請求して詳細内容を検討できます。

全国の介護事務講座【通信・通学】を一覧比較。無料で一括資料請求!


ページトップへ戻る