介護事務資格の学科試験 過去出題内容

介護事務の資格取得を目指し、受講している学習カリキュラムも後半になってくると、まず気になるのは資格試験だと思います。

でも気を付けないといけないことは、いい点をとってやろうなどど力が入りすぎると、かえって緊張し受験に失敗ということにもなりかねません。

まずは合格点をクリアーすることが先決ですので、最低限の合格点を超えれたらOKと欲張らずに試験にチャレンジすることが大切です。

もし試験で分からない問題があっても、介護事務の試験に合格してからじっくりと復習すればいいだけです。

下記の試験問題は一例ですが、過去に出題された問題内容と出題傾向を確認し把握しておくことも重要です。

介護事務の資格は、10種類ほどありますが、下記の学科試験問題は、「株式会社 技能認定振興協会(JSMA)」が行っている「介護事務管理士(R)技能認定試験」の試験問題例です。

「介護事務管理士(R)技能認定試験」の合格率は、2014年度の実績で50.2%で、中難易度の資格試験ですが、その他の介護事務資格の学科試験に出題される問題と大きく異なるような問題が出題されるわけではありません。

そこで、このページでは、実際出題された試験問題の一例を紹介したいと思います。

介護事務の学科試験問題実例

下記の画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

介護事務の学科試験問題

※ 実技試験の問題例はこちらから続きをご覧ください。
介護事務資格の実技試験問題例

●どの講座が良いか迷っている方へ

介護事務講座は、まず比較検討してから決定するようにしましょう!

資料請求するメリットとしては、ホームページではわからない詳細ポイントや特典が必ずチェックできますので講座内容を必ず比較してから申し込むようにしましょう!

次の有名資格案内サイトから
介護事務の講座・スクールを一覧比較し、講座案内資料を無料一括請求して詳細内容を検討できます。

全国の介護事務講座【通信・通学】を一覧比較。無料で一括資料請求!

関連ページ

介護事務資格の実技試験問題例
介護事務管理士(R)技能認定試験の実技試験で出題された実際の出題内容を紹介しています。

ページトップへ戻る