介護事務になることの5大メリットとは

介護事務は年齢に関係なく働き方が多様

年齢や体力に関係なく仕事ができる!
介護施設などで介護を実際に行っている現場では、介護サービスの利用者を抱きかかえたり、入浴の介助をしたり、体力をかなり使い、介護介助を行う場合が多いのが現状です。

その反面、介護事務の仕事はデスクワークが中心なので、介護現場で働くような体力がなくても働くことが可能です。

実際に年齢を重ねても仕事をしたい場合や仕事を選択する場合、体力が必要な職場かどうかも重要な判断材料になります。長時間重労働のハードな仕事は長続きしません。

働き方や就業場所が多様!
介護事務のメイン業務である介護報酬請求業務で忙しいのは、月末にその月のサービス利用状況をまとめたり、月初めに国民健康保険団体連合会に介護報酬の請求を行ったりする時期です。

この時期以外は介護現場と違いそれほど忙しくないので、介護事務職は、正社員・パート・派遣社員など様々な就業形態がありますので、自分のライフスタイルに合った働き方を選びやすいのも大きな魅力の一つです。

介護現場の仕事は、シフト制で日勤や夜勤などの変則勤務がありますので、小さい子供がいる女性などは働くことは実際難しい状況です。

また介護保険制度や介護報酬請求事務の仕事内容は全国共通ですので、引っ越しなどで全国どこに行っても職場さえ見つかれば、即働くことも可能です。

介護職では必須の専門技能なので一生役立つ!
介護事務が行う介護報酬請求(介護レセプト)の作成業務は介護事業所・施設の運営にとって必要不可欠の重要な仕事です。

また一般的な事務職とは違い専門的な知識がなければ、すぐにはできない仕事ですので、一度技能を身につけておくと一生役立つスキルであるともいえます。

超高齢社会に突入した現在の日本では介護サービス利用者が年々増加しており、介護関連の技能者はますます必要になってきます。

家族やあなたに必ず必要となる介護の知識が役立つ!
あなたも家族も40歳を過ぎると、自動的に介護保険に加入し介護保険料を支払う必要があります。

また高齢になると、両親や身近な人、あなた自身も介護保険制度を利用することになります。

介護保険制度に関する知識は、介護事務の知識や技能を学ぶ中で身につけることができるので介護保険を利用することになった場合でも学んだ技能を役立てることができます。

ケアマネージャーを目指す方には大きなメリット!
将来介護の仕事でケアマネージャーを目指している人には介護事務の仕事をすることは大きなメリットになります。

介護保険の給付管理業務をケアマネージャーは行いますが、介護事務の仕事を体験することで、その一部を経験することが可能です。

ケアマネージャーになるには経験が必要で、すぐになることはできません。その観点から介護事務を体験することはステップアップするためには大変有意義だといえます。

●どの講座が良いか迷っている方へ

介護事務講座は、まず比較検討してから決定するようにしましょう!

資料請求するメリットとしては、ホームページではわからない詳細ポイントや特典が必ずチェックできますので講座内容を必ず比較してから申し込むようにしましょう!

次の有名資格案内サイトから
介護事務の講座・スクールを一覧比較し、講座案内資料を無料一括請求して詳細内容を検討できます。

全国の介護事務講座【通信・通学】を一覧比較。無料で一括資料請求!

関連ページ

介護事務の資格を取得するメリット
介護事務の資格取得のメリットや魅力について紹介しています。

ページトップへ戻る