介護報酬請求業務のしくみについて

 介護事務の業務内容で、最も重要な仕事として挙げられるのが介護報酬請求業務(介護レセプト業務)になります。

介護保険制度における介護報酬のしくみ

介護保険制度では、利用者が介護サービスを利用した場合、原則、介護サービス利用代金全体の1割が自己負担となります。

そして残りの9割を各介護事業所がある所在地の国保連合会に対して行い介護報酬という形で事業所に支払われる仕組みになっています。

介護事務は、国保連合会へ請求する9割の保険料分に相当する請求内容を「介護給付費単位数表」に基いて「介護給付費明細書(介護レセプト)」を作成・点検し請求することがメイン業務になります。

またサービス利用者に対して、1割分の自己負担金の請求や徴収業務も行うことになります。

介護報酬請求業務のポイント

 実際に介護報酬請求を正確に行うためにはどのようなことに注意するべきでしょうか?

介護事務で請求手続きは、一定の書式に基いた手順で手続きを進めますので、基本的な知識があれば難しいものではありません。

ただし、介護サービスの内容を正確に見分け、請求書を作成するということ関しては、ある程度の専門的知識やスキルが必要になってくる業務です。

提供した介護サービスに要した費用を、厚生労働省が定めている介護保険制度の介護給付費単位数表に基づいて、正確に算出しなければなりません。

これらの介護給付費単位数表も地方自治体ごとに異なっているので、介護サービスを提供している施設がある地域の内容も把握しておく必要があります。

介護サービス利用者の要介護度によっても算出する金額が変化するので、様々なケースを把握し、介護報酬の請求額を算出しないといけないので、知識の無い者が簡単に計算できるようなものではありません。

このことからも介護報酬請求事務の専門的な知識やある程度の経験は必要といえます。

●どの講座が良いか迷っている方へ

介護事務講座は、まず比較検討してから決定するようにしましょう!

資料請求するメリットとしては、ホームページではわからない詳細ポイントや特典が必ずチェックできますので講座内容を必ず比較してから申し込むようにしましょう!

次の有名資格案内サイトから
介護事務の講座・スクールを一覧比較し、講座案内資料を無料一括請求して詳細内容を検討できます。

全国の介護事務講座【通信・通学】を一覧比較。無料で一括資料請求!

関連ページ

介護事務の主な仕事と内容
介護事務の仕事の種類と概要について紹介しています。
介護報酬請求業務の仕事内容
介護報酬請求業務の実際の仕事内容について紹介しています。
介護報酬請求の返戻・査定・過誤
介護報酬請求の返戻・査定・過誤について解説 しています。
介護事務の雑務的な仕事内容とは
介護事務が行うその他の仕事(業務)内容について紹介しています。

ページトップへ戻る