介護事務の仕事で雑務的な業務内容とは何か

介護事務には一般事務作業なども含まれる

介護事務が職場で担当する仕事には、メインである介護報酬請求業務以外にも一般企業の事務職員が行う事務作業と同じような内容や庶務的な内容の業務も含まれます。

介護事業所や施設に勤務しているスタッフの勤怠管理や給与計算、小規模の介護施設などでは、売上や経費に関する計算などもやらなければいけないこともありますし、他の介護施設や医療機関、各種業者などへの連絡や対応も行います。

 また介護サービスの利用者は、高齢者とその家族が多数を占めますが、実際は、介護保険制度についてよく理解出来ていない方が多くいるのが現状です。

介護事務には、理解できていない方にもわかりやすく介護保険制度のしくみや利用方法などについて説明を行うことも要求されるので、接客マナーや対人コミュニケーション能力などのスキルも必要になります。

ケアマネージャーは多忙な仕事ですので、介護事務が介護施設に関連する事務的な業務全般をサポートすることも少なくありません。

●どの講座が良いか迷っている方へ

介護事務講座は、まず比較検討してから決定するようにしましょう!

資料請求するメリットとしては、ホームページではわからない詳細ポイントや特典が必ずチェックできますので講座内容を必ず比較してから申し込むようにしましょう!

次の有名資格案内サイトから
介護事務の講座・スクールを一覧比較し、講座案内資料を無料一括請求して詳細内容を検討できます。

全国の介護事務講座【通信・通学】を一覧比較。無料で一括資料請求!

関連ページ

介護事務の主な仕事と内容
介護事務の仕事の種類と概要について紹介しています。
介護報酬請求業務のしくみ
介護報酬請求業務のしくみについて紹介しています。
介護報酬請求業務の仕事内容
介護報酬請求業務の実際の仕事内容について紹介しています。
介護報酬請求の返戻・査定・過誤
介護報酬請求の返戻・査定・過誤について解説 しています。

ページトップへ戻る