介護事務資格の実技試験 過去出題内容

介護事務の資格試験には、学科と実技の試験問題が出題されます。

実技試験の方も、最低合格ラインをクリアーすることに、まずは目標を絞って試験に臨むようにしましょう。

介護事務の試験は、教材の持ち込みOKというところが多いので、テキスト内容を確認しながら解答できますが、それに比べ実技試験では、教科書を見ることができても解答できるとは限りません。

ポイントは「介護報酬点数票」の体系を把握し、レセプト(介護報酬請求)の作成時に、迷うことなく使いこなせるかどうかが合否の分かれ目になります。

ですから、できるだけ多くの過去問題を解く中で、スムーズに使いこなせるようにしておくことも大事です。

介護事務の資格取得後、実際に介護事務の現場ではレセプト作成が重要な業務になるので、過去問題を解く中でしっかりと身に付けるようにしておくことも大切です。

下記の試験問題は、「株式会社 技能認定振興協会(JSMA)」が行っている「介護事務管理士(R)技能認定試験」の実技試験問題の一例です。

介護事務の実技試験問題実例

下記の画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

介護事務の実技試験問題1
介護事務の実技試験問題2
介護事務の実技試験問題3

※ 学科試験の問題例はこちらから続きをご覧ください。
介護事務資格の学科試験問題例

●どの講座が良いか迷っている方へ

介護事務講座は、まず比較検討してから決定するようにしましょう!

資料請求するメリットとしては、ホームページではわからない詳細ポイントや特典が必ずチェックできますので講座内容を必ず比較してから申し込むようにしましょう!

次の有名資格案内サイトから
介護事務の講座・スクールを一覧比較し、講座案内資料を無料一括請求して詳細内容を検討できます。

全国の介護事務講座【通信・通学】を一覧比較。無料で一括資料請求!

関連ページ

介護事務資格の学科試験問題例
介護事務管理士(R)技能認定試験の学科試験で出題された実際の出題内容を紹介しています。

ページトップへ戻る