介護事務の資格を取得し働くことの利点とは

介護事務の資格を取得すれば将来様々な選択肢がある

介護事務の仕事は、資格を取得していなければ行えないということはありませんが、介護保険制度の専門用語や算出方法など、勉強しないと理解できないような内容が多くありますので、できれば介護事務の資格講座などで学習しておくと、抵抗無く介護事務の仕事をすることができるようになります。

ただし、中には介護サービス事業所で働いている内に介護事務の仕事も任されるようになり、気がつけば介護報酬請求の業務を経験していたというような経歴の方は、この限りではありません。

また、介護保険の介護報酬請求業務は、ほとんどの施設や事業所でパソコンを使用して行っていますので、パソコンの操作スキルは必要になります。

転・就職活動を行う時にも、介護事務の資格を取得し、介護に関しての知識が有る場合と無い場合では、知識が有るほうが就職に有利になる可能性が高くなります。

さらに介護事務の資格を取得することによって、介護報酬請求業務が行えると「国民保険連合会」への介護報酬請求業務の代行委託業務も可能です。

介護サービス施設や事業所には、ケアマネージャーが在籍し、介護サービス計画の作成・フォローだけでなく、介護報酬請求業務も行っていますが、実際ケアマネージャーは、超多忙で全ての事務作業まで手を回せないのが実情です。

だからと言って専任で介護事務を雇うだけの余裕もない事業所なども多くあります。特に新規の介護サービス提供施設や事業所では、予算は無い上に人材不足というところもあります。

こういう場合、介護事務の業務委託はこの両面を回避できますので事業者にとっては大変便利なはずです。今後ニッチな事業として発展していく可能性はあるといえます。

●どの講座が良いか迷っている方へ

介護事務講座は、まず比較検討してから決定するようにしましょう!

資料請求するメリットとしては、ホームページではわからない詳細ポイントや特典が必ずチェックできますので講座内容を必ず比較してから申し込むようにしましょう!

次の有名資格案内サイトから
介護事務の講座・スクールを一覧比較し、講座案内資料を無料一括請求して詳細内容を検討できます。

全国の介護事務講座【通信・通学】を一覧比較。無料で一括資料請求!

関連ページ

介護事務5つの魅力(メリット)
介護事務のお仕事や資格のメリット(魅力)について紹介しています。

ページトップへ戻る