介護事務の主な業務と概要

介護事務の主な業務内容

 介護事務の仕事は、介護施設の規模によっても範囲が異なりますが、共通する業務には次のような種類があります。

受付や会計業務

 受付業務では、介護サービスを提供している施設や事業所などで、介護サービス利用者に対しての新規受付や介護サービスの内容および手続きについて説明します。

また会計業務では、介護サービスの利用者から自己負担金の請求と徴収などの会計を行います。

介護報酬請求業務

 介護報酬請求業務は最も重要な業務で、介護サービスを実施した内容別に、介護給付費単位数表に基いて介護給付費明細書(介護レセプト)を作成・点検した後、保険者に介護報酬を請求する業務です。

「介護報酬請求の返戻(へんれい)」があると介護事業所へ介護報酬が支払われず、経営に悪影響が及びます。

 なので、介護報酬請求業務は介護サービスを提供している施設や事業所の経営に直接影響する業務なので大変重要なお仕事になります。

ケアマネージャーのサポート

 ケアマネージャーが介護プランを立案したり、その通りに介護サービスが提供されているかなどを管理する為には、様々な書類が必要になります。

介護事務はそれらの書類を作成したり、ケアマネージャーが利用者や市町村・サービス提供者との連絡や調整業務を行いますが、介護事務はそれらの業務もサポートします。

その他の業務

 その他の介護事務の仕事として、一般事務と同様の事務作業が発生します。

給与計算や社会保険手続き、介護サービスを行う上で、他の医療機関とのやりとりや介護福祉用具の購入やレンタルをしたりしますので、物品の発注業務や各事業者に対する事務的な対応や介護スタッフへの連絡および調整なども行うことになります。

時には利用者に対して、お話を聞いてあげ相談員みたいな立場になるようなこともあります。

このような業務も介護サービス利用者に対するメンタルケアの一つとなる大切な仕事です。

●どの講座が良いか迷っている方へ

介護事務講座は、まず比較検討してから決定するようにしましょう!

資料請求するメリットとしては、ホームページではわからない詳細ポイントや特典が必ずチェックできますので講座内容を必ず比較してから申し込むようにしましょう!

次の有名資格案内サイトから
介護事務の講座・スクールを一覧比較し、講座案内資料を無料一括請求して詳細内容を検討できます。

全国の介護事務講座【通信・通学】を一覧比較。無料で一括資料請求!

関連ページ

介護報酬請求業務のしくみ
介護報酬請求業務のしくみについて紹介しています。
介護報酬請求業務の仕事内容
介護報酬請求業務の実際の仕事内容について紹介しています。
介護報酬請求の返戻・査定・過誤
介護報酬請求の返戻・査定・過誤について解説 しています。
介護事務の雑務的な仕事内容とは
介護事務が行うその他の仕事(業務)内容について紹介しています。

ページトップへ戻る